名張市議会の富田真由美議長は4月24日、新型コロナウイルス感染症の拡大を災害に準じるものとし、災害対策支援本部を設置した。市が設置する対策本部に、要望や提言などを行うという。

 富田議長を本部長とする支援本部は、坂本直司副議長や5会派の代表者計7人で構成。議員の安否確認や情報収集、市の対策本部への情報提供などする。要綱は昨年9月に施行し、実際の災害に対する設置は初めて。

 対応方針では、救援活動への積極参加や市民目線での情報収集などを議員の役割として定めている。