四日市市は4月16日、市内在住で15日に死亡した50代の男性会社員が新型コロナウイルスに感染していたことがわかったと発表した。県内で感染者の死亡が確認されたのは初めて。【新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)】

 発表によると、死亡した男性は、37・5度の発熱があった7日以降は自宅で過ごしていたが、15日に容体が悪化。家族が119番通報し救急搬送を要請したが死亡した。警察から四日市市保健所に連絡があり、検体を採取し16日にPCR検査をしたところ、陽性と判明したという。