名張市教育委員会は3月6日、小中学校の臨時休校を22日まで延長することを決めた。

 当初は15日までとしていたが、大阪や名古屋などで新型コロナウイルスの感染者が増えていることを受け、引き延ばした。18日または19日に予定されている小学校の卒業式、25日の小中学校の修了式は予定通り実施する方針。

 各学校には9日に通知し、教員が児童生徒の家庭を訪問するなどして伝えるという。

 また市は、体育施設や文化施設の休業期間もこの決定にあわせて延長した。