伊賀市議会事務局は3日、12月定例会の一般質問通告者16人を発表した。日程は9日から11日の3日間。

 発言者の順番と質問の要旨は次の通り。敬称略。

【9日=6人】
山下典子▼成人式①2022年民法改正による18歳成人への対応▼子育て支援▼農業政策①農事休業条例②人・農地プラン▼公共交通

西口和成▼公共施設最適化に向けた諸課題▼これからの国や県との関係

百上真奈▼市営住宅の駐車場管理▼会計年度任用職員と官製ワーキングプア

川上善幸▼伊賀市の将来を見すえた交通のあり方▼農業課題に対する支援策

安本美栄子▼合併後15年の課題①地区市民センターの役割と期待②住民自治(地域内分権)は進展したか③行政機能の効率化と人材育成は▼人口減少時代の総合計画の考え方①経営基盤の確立に向けた取り組み②情報発信の一元化③「ムダと思うこと」の意識改革

生中正嗣▼市長就任2期7年の自己評価▼市長と市民による対話(地区別懇談会)▼会計年度任用職員制度と今後の支所のあり方▼公共施設廃止後の現状と今後の利活用

【10日=5人】
市川岳人▼市政に対する考え方①公共交通(バス交通)②災害時情報伝達方法③観光行政、賑わいづくり

森川徹▼2020東京オリンピック・パラリンピックを契機とした伊賀市の観光誘客▼子どもたちを取り巻くネット環境及びスマートフォンの取り扱い

福村教親▼交通安全対策の進ちょく状況▼学力向上の取り組み▼中心市街地の今後

上田宗久▼住民自治と地区市民センター職員体制①会計年度任用職員の応募状況②まちづくりに関する基本協定書③センター職員が行う「自治協に対する支援業務」と「職務内容」▼上野遊水地に関する地区要望①越流堤におけるごみの撤去と流入防止対策②年度末までの国事業・河道掘削工事の概要

田中覚▼生老病死について

【11日=5人】
嶋岡壮吉▼高齢者の運転免許証の返納▼空き家の固定資産税▼市に対する要望書などの回答

岩田佐俊▼山神橋に関して①2年間も手つかずはなぜ②今後の復旧計画▼スマートフォン使用にかかわる犯罪①小中学生における現状②学校における犯罪防止教育▼広報いが市に関して①発行の主旨は▼合併特例債に関して①現状はどのような状況ですか②返済について

桃井弘子▼子育て支援

宮崎栄樹▼外国にルーツを持つ子どもたちに対する教育の充実▼特別支援教育の充実▼会計年度任用職員制度▼名阪国道有料化を国に要望する動き

近森正利▼防災力の向上▼子どもたちのSNS利用▼さくらリサイクルセンター▼子ほめ条例