名張市夏見の積田神社の境内でイチョウの落葉が参道を埋め尽くし、参拝に訪れた親子連れやカメラマンを楽しませている。【イチョウの葉で覆われる参道=名張市夏見で】

 イチョウは参道の左右に各1本あり、幹回りは約5メートルで、高さは20メートルを超える。他にも200メートルの参道沿いに植えられたモミジも赤く染まり、黄金色のイチョウと合わせて、鮮やかな色合いを見せている。

 家族で参拝に来た同市緑が丘の山㟢裕子さん(43)は「イチョウが好きで、この時期は毎年家族で訪れます」と話し、息子の大雅君(5)は「来年も見に来たい」と笑顔を見せた。

 同神社氏子総代長の竹原清展さん(69)は「12月上旬まで楽しめるだろう。是非お参りください」と話した。