全盲のバイオリニスト、増田太郎さん=写真(提供)=による「心の握手コンサート」が、12月8日に名張市松崎町のadsホールで開かれる。入場無料、申し込み不要。

 増田さんは5歳からバイオリンを始め、20歳で失明した後も弾きながら歌う独自の演奏スタイルを確立。全国で音楽活動を展開し、作曲なども手掛けている。コンサートでは踏切や救急車の音を再現するパフォーマンスを盛り込むなど、「バイオリンのイメージが180度変わる」と各地で好評を得ているという。

 市人権啓発まちづくり事業推進会議が、同4日からの人権週間記念行事として企画した。2部制で、午後1時半から人権作品の表彰式と作文の朗読、同2時半から増田さんのトークとライブがある。フランスでクラシックを学んだ、バイオリニストの徳島由莉さんも出演する。

 当日は手話通訳や要約筆記、磁気誘導ループの他、11月29日までの要予約で託児(定員20人)もある。

 問い合わせは市人権センター(0595・63・0018)まで。

2019年11月23日付 760号 16面から