名張市のご当地キャラクター「ひやわん」をテーマにした新曲「ワンチャンス」が、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開された。長野市で11月2、3日に開かれた「ゆるキャラグランプリ」では、過去最高の55位と躍進。新曲で更なる知名度アップを目指す。【赤目四十八滝での撮影で「ぽけっとらびっと」の2人とポーズをとるひやわん(提供)】

 今作は、大阪などで活動する女性ボーカルユニット「ぽけっとらびっと」の「るーむ」こと小部屋夕姫さんと、「ずき」こと神尾由希子さんの2人が歌う、明るく軽快な曲で、本格的にレコーディングや映像制作が行われた。小部屋さんが歌うラップ部分には「職なし、嫁なしでもOK」など、ひやわんを励ます歌詞も盛り込まれた。

 ひやわんが所属する「隠ひやわん倶楽部」(事務局・名張地区まちづくり協議会内)の担当者と神尾さんの家族が知り合いだったことがきっかけで交流が生まれ、コラボレーションが実現した。

 6分間の動画では、神尾さんの兄が経営する大阪のダンス教室のメンバーら16人が名張市に駆け付け、宇流冨志禰神社(平尾)や江戸川乱歩生誕地碑広場(本町)などでダンスを披露。市役所前広場(鴻之台1)の場面では亀井利克市長を始め市職員約40人もダンスに加わっている。

 2人は「新曲を通して、ひやわんや名張の良さがもっと多くの人に伝わり、いろんな人に元気を届けられたら」と思いを語った。

ユーチューブに公開された「ワンチャンス」の動画(https://www.youtube.com/watch?v=CjMoz70Q3So

 同曲は業務用通信カラオケ「ジョイサウンド」、ネット音楽配信ストア「iTunes Store」でも全国配信予定だという。

 ひやわんは同市の旧市街地の狭い路地を意味する「ひやわい」に出没するとされる能面顔の犬のキャラクターで、無感情な表情からくる独特な存在感が特徴。テーマ曲は2017年に続き2作目。