女子サッカー・なでしこリーグ1部の17節3試合が10月27日、さいたま市の浦和駒場スタジアムなどであり、伊賀FCくノ一は2位の浦和レッドダイヤモンズレディースに1-0で勝利した。今季初の3連勝で通算戦績を7勝5分5敗とし、順位は前節から1つ上げて10チーム中4位に浮上した。【チームの3試合連続無失点をけん引したくノ一の宮迫たまみ(左)(くノ一提供)】

 くノ一は優勝争いをする2位浦和を破り、9月7日の11節から続くリーグ無敗記録を7に伸ばした。この日の決勝点は後半27分、MF乃一綾が左足で鮮やかなミドルシュートで奪った。

 起点は浦和サイド右側で得たスローインで、DF松久保明梨とMF西川明花のパス交換からペナルティエリア内の空いたスペースに走り込んだMF杉田亜未がボールをキープ。ディフェンダー2人を引きつけ、ノーマークの乃一につないだ。

 試合後、大嶽直人監督は「全員の集中力が非常に高く維持でき、コンパクトなプレーを続け、相手のストロングを消せたことで得点チャンスを作れたのが勝因だった。いい時間帯に得点できたし、1対1の局面で中盤から最終ラインまで体を張って無失点に抑えてくれたことが非常に大きかった」とコメントした。

 11月2日が最終節で、くノ一は伊賀市小田町の本拠地、上野運動公園競技場でINAC神戸レオネッサと対戦する。