岡波看護専門学校戴帽式が10月25日、伊賀市上野桑町の岡波総合病院講堂であり、学校関係者や上級生、保護者らが見守るなか、18歳から32歳の1年生14人(男子2人、女子12人)が看護師を目指し決意を新たにした。【キャンドルを持ち壇上に並ぶ戴帽生たち=伊賀市上野桑町で】

 同校の設立は1906(明治39)年で、戴帽式は57回目。入学から半年経ち、最初の基礎看護実習を経験したこの時期に毎年実施している。

 式辞では山内木綿子学校長が「対象となる人々の命の重さを真剣に受け取り、勉強や実習をより一層頑張り、必要な能力を身に付けられるよう努力してほしい」と激励。戴帽の決意では総代の兼本陽香さん(18)が「目指す看護師になるよう協力し、弱さを補いながら進んでいきたい」と力強く述べた。