第74回国民体育大会(いきいき茨城ゆめ国体2019)のサッカー女子は10月2日、ひたちなか市総合運動公園陸上競技場で決勝があり、三重代表の伊賀FCくノ一が1-1のPK戦の末に地元の茨城選抜を下し、2連覇を達成した。【連覇を成し遂げて喜ぶ三重代表のくノ一メンバー(くノ一提供)】

 サッカー女子で三重代表が国体を制覇するのは通算5度目。決勝は後半10分にMF杉田亜未主将のゴールで先制したが、同29分にぺナルティーキックを与えて同点に追いつかれた。延長後のPK戦で、くノ一のキッカー4人が確実に決め、4-2で制した。

 表彰式の後、杉田主将は「初の2連覇。本当に良かったという気持ちでいっぱい。最後はPK戦だったが、しっかり優勝できた」とコメントした。