大相撲秋場所(両国国技館)初日の9月8日、左ひざの負傷で4場所ぶりに復帰した元幕内で西幕下46枚目の千代の国(九重)が白星スタートを切った。

 初日の対戦相手は彩の湖(山響)で、決まり手は叩き込み。千代の国がけがを負ったのは前頭十五枚目だった初場所10日目で、その後休場していた。