名張市西田原の弥勒寺で青や紫に彩られたアジサイが見頃となった。ガクアジサイやカシワバアジサイなど、約25種類が本殿の裏山斜面で大輪を咲かせている。【開花したアジサイ=名張市西田原で】

 約20年前に先代住職が約100本のアジサイを栽培し始めた。その後、毎年数を増やし、現在は1000本ほどにもなるという。

 今年は雨が少なく、例年より開花が遅れ気味で、6月初旬に咲き始め、7月中旬まで見られるそうだ。

 アジサイを見に訪れた、同市豊後町の吉岡かな子さん(75)は「いろいろな種類の生き生きした花に励まされる」とほほ笑んだ。

 6月23日午前9時ごろから「アジサイ祭り」が境内で開かれる。同寺を管理する杉尾佳代さん(70)は「アジサイで心が癒やされるので、若い人にもぜひ来てほしい」と参加を呼び掛けた。

 問い合わせは弥勒寺(0595・65・3563)へ。