ラベンダーの香りいっぱいの忍者列車「アロマ&フラワートレイン」が運行している。伊賀鉄道とメナード青山リゾート(伊賀市霧生)による初夏恒例のタイアップで、期間はラベンダーフェスタ最終日の7月15日まで。【香り付ききっぷとラベンダー色に飾り付けされた忍者列車の車内=伊賀鉄道の上野市車庫で】

 使用されるのは青と緑の忍者列車で、いずれも2両編成のうちの1両。運行時刻は毎日変わる。車内はラベンダーにちなんだ紫色の布やリボン、キャンディー型の香り袋などが飾り付けられている。

 青山リゾートの担当者によると、ハーブガーデン内にある約1万平方メートルのラベンダー畑は6月下旬ごろから見頃になるという。7月6日と7日はオカムラサキ収穫祭、同13日から15日はラバンジン収穫祭があり、伊賀神戸駅(同市比土)からは予約制の無料送迎バスが利用できる。

 期間中にはラベンダーの香り付きでポストカード型の「ラベンダーきっぷ」を発売しており、伊賀神戸駅発のA券と同上野丸之内の上野市駅(愛称・忍者市駅)発のB券の2種類。いずれも大人360円区間行き。各200枚限定で、同きっぷを持ったハーブガーデンの入園客は大人1人税込み1080円が半額になる。

 問い合わせは上野市駅(0595・21・3231)、青山リゾート(予約センター=0595・54・1326)へ。