水をたたえるダム湖や雄大なアーチをかたどった「ダムカレー」がダム愛好家らの話題を呼んでいる。名張市でも、中南部に位置する青蓮寺ダムを模したカレーがこのほど初めてお目見えした。【ダムカレーとスイーツプレートを紹介する山中さん(右)とスタッフの松井さん=名張市で】

 湖畔にある「yuno cafe」スタッフの木瀬千尋さんが、以前に聞いたダムカレーのことを店長の山中雅子さんに話したところ、「うちでも青蓮寺ダムのカレーを作ってみよう」と話が進んだ。

 青蓮寺湖をイメージした青い皿に、堰堤をかたどったご飯、貯水池を表すスパイシーなカレーが盛られ、ダイコンの桜漬けで満開の桜を、カラフルな野菜のマリネで紅葉を表している。地元の人から観光で訪れた人まで、見ても食べても楽しめる一皿だ。

 価格は900円。同店では、青蓮寺産イチゴなどを使い、青蓮寺湖を模したスイーツプレート(750円から)も提供していて、山中さんは「こうしたメニューを通じて、青蓮寺や名張の観光を楽しんでほしい」と期待している。

 問い合わせは同カフェ(0595・28・0062)へ。

2019年4月20日付746号5面から