3月31日に名張市が市制施行後65周年を迎えるのを記念し、28日に市防災センター(同市鴻之台1)で功労者と特別表彰者を表彰する式典があった。【功労証を受け取る古谷さん(左)=名張市鴻之台1で】

 長年にわたり、各方面で市の発展に貢献してきた個人や団体を表彰する、市の表彰条例に基づくもの。3月の市議会で同意を得て、授与が決まった。

 式典には約140人が出席。功労者43人、特別表彰者4人と19団体が表彰された。功労者を代表して同市さつき台1の古谷久人さん、特別表彰者を代表して「名張市手をつなぐ育成会」の山本泰久さんが登壇し、亀井利克市長から功労証と表彰状をそれぞれ受け取った。【歌声を披露する「私立應南学院高等部」メンバー】

 式辞や祝辞の後、市の観光大使、ボーカルユニット「私立應南学院高等部」によるミニコンサートがあり、「花は咲く」などを披露。出席者は手拍子をするなどして聞き入っていた。