名張市議会は3月1日の3月定例会初日の本会議で、議員報酬を月額5%削減する条例案を議員提出議案として上程し、全会一致で可決した。

 議員報酬の5%削減は、2016年4月の都市振興税導入に併せて実施し、昨年8月の改選まで継続していた。今回の削減期間は今年4月分から2021年3月分まで。

 同期間中の報酬月額は、議長が従来の58万3000円から55万3000円に、副議長が50万2000円から47万6000円に、議員は46万円から43万7000円となる(期末手当含まず)。