伊賀市議会の3月定例会が26日に開会し、市は2019年度一般会計当初予算446億円や支所設置条例の一部改正など議案47件を提出した。会期は3月22日までの25日間。【【新庁舎議場で施政方針を説明する岡本栄市長=伊賀市四十九町】】

 この日は今年1月に開庁した新市役所議場で開かれた初めての本会議で、ごみ処理施設「さくらリサイクルセンター」(同市治田)を8月から中継施設として民間処理委託するための設備など設置工事の契約締結で採決があり、賛成多数で可決した。

 一般質問は4日から6日、8日の4日間、予算常任委員会は11日から13日の3日間、総務と教育民生、産業建設の各常任委は14、15日を予定している。