「先のことまで考え、お客さまにとって最適な提案をしたい」。PLUSONEが運営する新築住宅専門店「plus1の新築」(名張市鴻之台)の店長。

 奈良県香芝市出身。不動産や印刷会社の営業職を経験後、7年前にリフォーム業を営む同社に転職。「会社に勢いがあると感じた」と話す。初めて建築業界に飛び込み、現場の職人と積極的に交流を深め、住宅建築に関する知識を身に着けた。

 リフォーム営業を経験するなか、「高額なローンを組んで家を建てても、ローンを払い終える前にリフォームが必要になるケース」や、「無理にリフォームするより、新築する方が良いケース」もあることに気付いた。

 2年前、社内で新築住宅部門の創設を提案し、責任者にされた。今は事業展開を率先して進めている。

 幼少のころから絵や工作が好きで、美術系の大学を出た。友人の結婚式では、ウェルカムボードを描く。趣味は転職後から始めたゴルフ。社内で盛んで、シーズン中は上司や同僚と月1回ペースで楽しむ。

【私のお気に入り】
上司から譲り受けたモンブランのボールペン。契約書に、気を引き締めて署名する。

2019年1月26日付740号19面から