名張市の小学校1校が12月13日、学年閉鎖の措置を取った。同市教育委員会が発表した。市内の小中学校での措置は、今シーズン初めて。

 桔梗が丘東小の5年1クラス(21人)が学年閉鎖した。欠席者7人中6人がインフルエンザと診断された。措置期間は14、15日の2日間。

 同市教委によると、同小では他学年でもインフルエンザとみられる症状の児童がいるという。