名張市市議会12月定例会の一般質問が7、10、11日の3日間行われる。質問議員は9人。

 質問の通告一覧は以下の通り。

【7日】
午前10時から
柏元三▼行財政改革(PDCA〈計画・実行・評価・改善〉)▼市役所の上意下達とコンセンサス(「生涯現役」の施策、生涯学習と生涯スポーツに関する行政の役割、公園トイレの洋式化、老人福祉センター「ふれあい」の入浴管理、男女共同参画について)▼病院改革(脳と心臓の救急、市立病院と民間病院〈診療所〉との連携〈紹介制度と市立病院の受け入れ体制、MRI検査・胃カメラ検査など〉)
午前11時30分から
足立淑絵▼学校給食(中学校給食実施に向けての進捗状況、継続できる事業にするには、運営方法、センター方式における地産地消の取り組み)▼人材育成・採用など(民間企業研修、民間活力の導入〈政策参与、病院経営〉)▼観光(ラグビー世界大会・2025年大阪万博への対応、インバウンド向けの食の多様化、県の取り組みMICE〈国際会議などの誘致〉)
午後2時から
細矢一宏▼名張市総合防災訓練を終えて▼国の2018年度補正予算

【10日】
午前10時から
富田真由美▼防災・減災のさらなる充実を(要支援者の避難計画、支援物資供給マニュアル、被災情報の共有、ペットを守る対策、観光客の危機管理の充実、備蓄食料の有効活用)▼図書館の整備(館内の飲食スペース)▼風疹予防接種▼LGBT(性的少数者への)理解促進
午前11時30分から
山下登▼改善されない財政状況▼地域経済の活性化対策▼公文書の管理、情報の開示
午後2時から
荊原広樹▼警報発生時の小中学校の対応▼保育料の無償化▼公会計制度▼今後の名張市の観光戦略

【11日】
午前10時から
三原淳子▼中学校給食の実現に向けて(PFI方式とは、小学校も給食センターに集約されるのか、こころの通う自校方式の給食は名張の宝)▼再生可能エネルギーで持続可能なまちづくりを(なばり快適環境プランを生かして、太陽光パネルの設置)▼適正・公平な固定資産税の課税(なぜ路線価のバランスが崩れたのか、標準地比準評価の誤り、調整評点の基準は、償却資産の調査結果は、幅員の計測)
午前11時30分から
坂本直司▼転入人口増加に向けた取り組み(移住・定住促進事業の現状と今後の施策、空き家利活用の現状と課題、地域おこし協力隊導入の提言)▼「健康寿命」延伸の取り組み(名張ケンコー!マイレージ事業の現状と課題、歯と口腔の健康づくり推進状況、シニア層を対象とした健康づくり)
午後2時から
森岡秀之▼2018年度名張市総合防災訓(結果・成果・反省)▼名張中央公園内施設の改修(三重とこわか国体開催に向けて、体育館内備品の整備やテニスコートの改修工事)▼名張川の引堤事業(今後の事業計画、名張川ワークショップの取り組み方針)▼観光戦略