伊賀市議会の議員全員協議会は11月20日、中心市街地にある現市役所を複合施設に改修計画を巡り、予算案に反対していた上田宗久議員に岡本栄市長が働きかけをしたとされる問題について協議し、賛成多数で議会全体で取り扱うことを決めた。【賛成に挙手する議員=伊賀市役所で】

 同問題の対応については10月から会派代表者会議で話し合っていた。全員協の終了後、今後の進め方を一任された岩田佐俊議長は「副議長と相談して早急に進めたい」と話した。

 議員に配布された資料によると、上田議員は採決を予定していた9月定例会最終日前日の27日に市側の求めに応じて面会。岡本市長は上田議員の地元で実施が決まっていた道路改良工事の話を持ち出し「(予算案が)しっかりご支持頂きたい。通らないと、優先順位を変えていかなければならないことになってくる」などと発言したとされる。