任期満了に伴う名張市議会議員選挙(8月26日投開票)の告示を翌日に控えた18日、同市選挙管理委員会は立候補受け付け会場となる、市役所大会議室で手順の確認作業とリハーサルを行った。【立候補者にみたてた委員に道具の説明を行う職員ら=名張市鴻之台で】

 同市選管の委員ら約20人が立候補者役と受付役に分かれ、当日午前8時までに到着した候補者が行う届け出順を決めるくじ引きの手順や、受け付け、街頭演説などに必要な腕章を含めた選挙活動用物品の説明と受領の方法を確認した。

 リハーサルを見届けた同選管の福山英敏委員長(68)は「今日は滞りなく進められたが、明日が本番。間違いなくスムーズに、立候補届を受け付けさせてもらいたい」と話した。

 立候補受け付けは19日午前8時半から午後5時まで。18日現在、同市の有権者数は6万6397人(男3万1788人、女3万4609人)。