伊賀市は7月2日、次長級の法務統括監として石田美奈子弁護士(38)=三重弁護士会=を任期付職員で採用したと発表した。任期は2020年3月末までの1年9か月で、給料は月額54万1千円。

 石田さんは11年12月に弁護士登録。津市内の事務所や12年4月からの4年間は南伊勢町で任期付公務員として勤務した経験がある。

 市役所での担当業務は職員向けの法律相談や職員研修、条例規則などの立案や審査、訴訟や行政不服審査、不当要求行為対応など。市は「コンプライアンスに対する意識向上が一番大きな効果が見込める」と期待しており、この日辞令書を受け取った石田さんは「問題発覚後の対応ではなく、事前に察知して未然防止に力を注ぎたい」と話した。

 総務部によると、市では石田さん以外に、男性弁護士と報酬年300万円で顧問契約を結んでおり、別の男性弁護士には嘱託職員として滞納債権の管理と回収などの助言を行うことに対し年120万円の報酬を支払っている。