伊賀鉄道友の会主催の「伊賀線まつり」が、5月3日午前10時から伊賀市上野丸之内の同鉄道上野市車庫で開かれる。入場無料。【PRポスターを手に来場を呼び掛ける伊賀鉄道の乗務員=上野市駅で】

 今月6日まで開催している「伊賀上野NINJAフェスタ」の関連イベントとして毎年実施している。会場では保守作業用で2人乗りの軌道自転車(身長制限あり)や車両撮影会、同鉄道の制服を着て車内放送や扉の開閉ができる車掌体験、運転士気分が味わえるシミュレーション体験、ジオラマや鉄道模型の展示もある。午後4時まで。

 新グッズのコットンエコバッグ(1つ500円)とアルミスポーツボトル(1個800円)には、上野市駅と車両をデザインした新ロゴを採用した。当日は鉄道ファンから人気が高い列車運行図表(ダイヤ)や運転士が使う時刻表「運転スタフ」、駅掲出の時刻表、運賃表など廃品類も販売。200セット限定の記念入場券(1セット2600円)もある。

 問い合わせは上野市駅(0595・21・3231)へ。