名張市長選で当選した亀井利克氏(66)の、5期目の任期が4月25日に始まり、市役所で就任式があった。【市職員から花束を受け取る亀井市長=名張市鴻之台1で】

 式には市の職員約80人が出席。花束を贈呈された後、亀井市長は政策の3本の柱「元気創造」「若者定住」「生涯現役」について、それぞれ「共生社会を進化発展させる」「若年層が名張で子育て、教育をしたいと思ってもらえるように」「健康寿命を延ばす」などと目的を説明。「4年後、誰が市長になっても運営できるように、行、財政改革を進めていかなければならない」と決意を述べた。