4月10日午前8時15分ごろ、名張市立南中学校(つつじが丘南1)の校門前で、登校して来た3年生の女子生徒が後ろから猿に襲われた。女子生徒は右ふくらはぎにひっかき傷を負った。つつじが丘地内では猿の出没報告が増えており、市が住民らに注意を呼び掛けている。

 市によると、女子生徒は友人ら2、3人と登校。校門に差し掛かったところで、同中のグラウンドから飛び出して来た猿に足をつかまれたという。市は職員数人でのパトロールを行い、地区内の小中学校や保育施設に注意喚起した。

 猿の動向に詳しい名張鳥獣害問題連絡会の古川高志さん(つつじが丘南8)によると、地区内では群れから離れて暮らす雄猿2頭が目撃されており、昨年秋ごろからほぼ毎日のように出現。屋外の洗濯物や掃除用具などが荒らされ、住民が抱きつかれるなどの被害が複数寄せられていたという。

 市や獣害対策の関係者は「安全上、地区内では銃が使えず、捕獲も難しい」と頭を抱える。3月からは団地の緑地に捕獲檻を設置したが効果がなく、9日にも檻を増設したばかりだった。今回の事案を受け、週末にも猿の追い払い犬「モンキードッグ」での巡回や追い払いをする方針という。

 猿と遭遇した時の対処法について、古川さんは「興奮させないよう、静かに距離を取って。目撃すれば、市などに連絡を」と呼び掛ける。市農林資源室では「本来、住宅街にいない生き物。住み分けをするためにも、関係機関と連携し、徹底した追い払いなどの対策を講じたい」と話した。