180314_11.jpg 「温泉好き」という言葉だけではその愛情が表現しきれない。宇陀市榛原萩乃里の介護士、中垣和典さん(31)は、これまで約270か所の温泉を巡り、温泉ソムリエの資格取得など、”温泉愛”はそこはかとなく深い。【自分の「ケロリン」おけを持つ中垣さん=名張市赤目町長坂で】


 きっかけは10年ほど前。介護の仕事を始めたころ、夜勤明けに上司に誘われ、近くの日帰り温泉へ寄った。疲れていた体が爽快感に包み込まれ、思わず声を出してしまうほど気持ちが良かった。以来、一人で温泉を巡るようになったという。

 同時に、訪れた温泉をインターネットで紹介する「温泉ソムリエナカガキの湯めぐり紀行」と題したブログも開設。知識も深めたいと、泉質や成分、効能などを勉強し、2013年には温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエ」の資格も早い段階で取得した。

 温泉は泉質によって「硫黄泉」「炭酸水素塩泉」「放射能泉」など9種類に大別されるが、今では浸かるとどの種類か分かるという。泉質名だけ見ると同じようでも、成分表をよく見るとそれぞれに違いがあり、「だからこそ奥が深く、巡っていて楽しい」。また、源泉がある温泉では、源泉が流れるのを見せてもらい、加水状態や成分を頭に入れて堪能しているという。

 温泉施設以外にも、野湯や温泉スタンドにも足しげく通う。温泉スタンドでは源泉を購入するだけでなく、許可を得て、持参した「マイたらい」に源泉を張り、その場で浸かる。更に、奈良県やその周辺に温泉所有の個人宅があると知ると、わざわざ出向いて頭を下げ、入浴させてもらうこともあるそうだ。

 好みは「塩辛い塩化物泉」という中垣さん。自宅から片道2、3時間で行ける温泉はほとんど入浴し尽したという。遠くは北陸から九州にまで足を延ばし、週に2回は必ず温泉や地元の銭湯に浸かる。今までのお気に入りは、日本無類の炭酸泉で有名な、大分県の七里田温泉下湯共同浴場ラムネの湯だそう。大分では温泉はいうまでもなく、出会った人たちの温かさに会話も弾んだという。

 中垣さんは「ストレスがたまるから癒やしを求める。温泉は最高に癒やされる。施設ごとのいろいろな違いもまた魅力」と話し、「夢は大分県に移住し、温泉三昧の生活を送ること。ブログも見てね」と笑った。

2018年3月10日付719号2面から