180308_1.jpg 名張市立看護専門学校(同市百合が丘西5)の卒業式が3月8日、同校講堂で開かれた。卒業生15人(男性2人、女性13人)が看護師の夢に向け、新たな一歩を踏み出した。【答辞を読み上げる牧野さん=名張市百合が丘西5で】

 式典には保護者を始め関係者約100人が出席。松井妙実校長が生徒一人ひとりに卒業証書を手渡した。在校生からは自身らで選曲した歌を合唱し、先輩たちの旅立ちを祝った。
 卒業生代表として答辞を読み上げた牧野沙弥香さん(31)は「これまでに出会った患者さまへの思いを胸に、目配り、気配り、心配りができる看護師になれるよう、これからも看護の道を歩んでいきたい」と述べ、決意を新たにしていた。
 卒業生たちはさる2月18日に国家試験を受験し、今月26日に結果発表を控えている。進路は同市の市立病院が8人、伊賀市と県内医療機関が各1人、奈良県など県外の医療機関に5人が就職予定という。