名張市議会3月定例会の一般質問が22、23、26日の3日間、開かれる。登壇議員は9人。日時と通告者、質問の要旨は次の通り(敬称略)。

【22日】
午前10時から
柳生大輔=▼市議会議員選挙(市長と市議会議員の同日選挙、議員定数の削減)▼市長選挙立候補者のマニフェスト(財政非常事態宣言の解除、財政調整基金の積立て、介護老人保健施設「ゆりの里」の民営化)▼名張地区旧市街地の当面の課題(旧老人福祉センターの利活用、乱歩図書館〈ミステリー館〉の創設、エコロードの展望)
同11時30分から
阪本忠幸=▼小中学校の規模・配置の適正化後期実施計画及び小中一貫教育▼SNSを活用した相談▼働き方改革(小中学校教職員、市立病院医師、看護師など)
午後2時から
川合滋=▼防災(名張川・宇陀川の河川改修、水路の対策、ハザードマップからの対策▼下水道計画▼コミュニティ交通の充実
【23日】
午前10時から
豊岡千代子=名張市総合計画「新・理想郷プラン」から▼若者定住促進プロジェクト(安心して、産み育てる環境を提供するための小児救急医療センター、妊婦応援都市宣言)▼仮称「なばり・健康ウォーキングフェスタ」の提案
同11時30分から
吉住美智子=▼2017年度施政方針の総括(人口減少を前提とした価値観の転換、暮らしを支えるネットワークの強化、福祉の理想郷の実現に向けて、主要施策の展開)▼学校での心肺蘇生教育の普及推進(突然死ゼロを目指した危機管理体制の整備)▼「コンビニ健診」の導入で生活習慣病予防の促進(若年層の健診受診率向上)▼名張市独自の婚姻届・出生届の作成
午後2時から
足立淑絵=▼名張市立病院と地域包括ケア(ヒヤリハット件数増加の要因、退院支援、在宅移行支援、病院経営)▼観光物産振興(東奈良名張ツーリズム・マーケティング〈ENN〉の実績と今後、行政と観光協会とENNの連携、充実した食の提供、物産振興)
【26日】
午前10時から
常俊朋子=▼第二次名張市子ども教育ビジョンの取り組み(文部科学省からの委託カリキュラム、教育センターの役割、名張市の目指す教育)▼犬・猫の飼い方、命を守る取り組み(地域の支え合い、小さな命との共生社会)▼犯罪予防活動と再犯防止啓発活動(再犯の防止等の推進に関する法律に基づいた「再犯防止推進計画」の策定を受けて)▼防災訓練(台風21号の被害を受けて)
同11時30分から
田北利治=▼安心できる国民健康保険制度を(広域化で保険税はどうなる、高すぎる保険税の引き下げを求める)▼市民の切実な要求である公共交通の充実を(誰でも利用できる交通体系を求める)▼働き方改革(市役所職員、介護従事者、保育士、教職員の働き方の現状は、ワーク・ライフ・バランスを実現するための環境整備を求める)
午後2時から
山下登=▼亀井市政16年を振り返っての所感を問う▼目指す福祉の理想郷を問う▼2014年度以降の事案を問う(用地補償の不正支出のてん末、廃校利用の賃料未入金、国費の補助金返還請求、売却物件の解体処理に伴うアスベストの確認)