180107_11.JPEG 1月8日の「成人の日」を前に、名張と伊賀の両市で7日、成人式があった。名張市は同市夏見のHOS名張アリーナで、伊賀市は中学校区10区に分かれ、同市ゆめが丘1のゆめぽりすセンターなどで開かれた。【来賓あいさつを聞く新成人=名張市夏見で】

 名張市の成人式では新成人567人が参加。天正みだれ太鼓保存会の演奏で華々しく幕を開けた。
 同市の亀井利克市長から「夢に向かって実践する人であってほしい。名張市はみなさんを応援しています」と言葉が贈られ、新成人からは代表して3人が登壇。「大人の道を一歩ずつ歩んでいきたい」とそれぞれ決意を語った。
 式典後は中学時代の恩師による激励の言葉などが収録されたビデオレターが上映された。
 住民登録がある今年度の新成人は、名張市で男性379人、女性355人(2017年12月1日現在)、伊賀市で男性472人、女性482人(同年11月20日現在)。