正月三が日が明けた1月4日、名張市で仕事始めを迎え、新年のスタートを切った。市役所であった仕事始め式で亀井利克市長は、集まった職員82人を前に「理想に向けて実践する市役所であり続けたい。どうか1年よろしくお願いします」と呼び掛けた。【今年の一文字を示し職員に訓示する亀井市長=名張市で】

訓示の中で亀井市長は、昨年は東山墓園の崩落を始めとする台風21号の被害に遭ったことを挙げた上で、今年の一文字として書でしたためた「圓」の文字を示した。「『圓』は丸い、角がない、穏やかな、といった意味。今年1年、平穏ご無事で、それでいて無限の可能を感じる1年であってほしい」と願った。