171130_11.jpg 名張市桔梗が丘6番町の神田武夫さん(73)による水彩画展が、12月1日から7日まで、同市新田の「カフェ&ギャラリーほっぷ」で、クリスマスイベントの一環として開かれる。


 絵が好きだった神田さんが本格的に創作を始めたのは10年前。桔梗が丘市民センターだよりで絵画クラブのことを知り、定年を機に入会したという。

 月に2回は同クラブで描く他、自宅でも描き、年間100枚くらいを目標にしているそう。地元の市民センターまつりに出品する他、一昨年には絵の仲間と2人展も開催、今年9月には夫婦で押し花とのコラボ展も開催した。

 会期中は、近年出掛けたオランダやイタリアなど、海外でのスケッチを基にした作品や、花などの静物画を展示。はがきサイズから10号までの作品約20点を出品予定で、販売もあるという。

 神田さんは「10年という節目の作品展。現地の空気を感じていただけたら幸いです」と来場を呼び掛けた。

 時間は午前10時から午後5時(最終日は正午)まで。3日は休業。観覧無料。

 問い合わせは、ほっぷ(0595・66・5513)まで。

2017年11月25日付712号18面から