170901_6.jpg

 伊賀市は9月1日、スマートフォンで住んでいる地区のごみ収集日などが確認できる無料アプリの配信を開始したと発表した。市内全ての地区に対応しており、住民にダウンロードを呼び掛けている。【伊賀市が導入した、ごみ分別アプリの画面】

 目的はごみ分別やリサイクルの促進、市民の利便性向上で、昨年9月の市議会一般質問で「アプリを活用したごみ出しルールの周知」という提案を受け、市が検討してきた。導入経費は21万6000円で、京都府長岡京市の業者が手掛けるアプリを採用した。
 同アプリは収集地区を設定すると、画面にごみの分別種類が週単位や当日、翌日で表示。分別区分と出し方ワンポイントを品目別に検索できる「ごみ分別辞典」などの機能もあり、出し忘れ防止アラートで収集日当日と前日に通知する時刻設定ができる。
 入手方法は「App Store」または「Google Play」から「伊賀市ごみ分別アプリ」と検索、または広報「いが市」の9月1日号に掲載しているQRコードを読み取ってダウンロードする。通信料は利用者の負担になる。
 問い合わせは市廃棄物対策課(0595・20・1050)へ。