170523_5.jpg

 伊賀市議会の臨時会は5月23日、現在空席となっている教育長に岡本栄市長(65)がアナウンサーとして勤務していた関西テレビ放送の後輩で元報道記者の笹原秀夫氏(60)=写真=を任命する人事議案に対し、賛成多数で同意した。任期は2018年3月末までの10か月間。

 討論では同意に反対の議員が「現場経験や実績がない教育長では各学校の課題や問題に速やかに対応できるのか疑問」「住民や保護者、教職員からは不安の声が多いのは事実」と候補者の再検討を求めた。
 賛成の議員は「全く知らない方で判断は難しいが、どっちかにしなければいけない」との理由を挙げ「提案前のプロセスが不透明。市長の政治判断のなかで議会に相談という形があってもよかった」との意見も加えた。
 人事課によると、現在も嘱託社員の笹原氏は就任に合わせて辞職し、市は29日に辞令を交付する。岡本市長は臨時会終了後の取材で「概ね議会の賛意を頂いたということは期待が大きかったのかなと思っている。広い視野でもう一度伊賀の教育をみてもらう。外からの目線でチェックすることも必要」と話した。
 空森栄幸議長を除く採決の結果は次のとおり。敬称略。
【賛成(18人)】川上善幸、北森徹、信田利樹、西口和成、福村教親、宮崎栄樹、桃井弘子、山下典子、赤堀久実、嶋岡壮吉、田中覚、森川徹、上田宗久、中谷一彦、北出忠良、岩田佐俊、安本美栄子、中岡久徳
【反対(4人)】市川岳人、生中正嗣、近森正利、百上真奈
【退席(1人)】福田香織