名張市は5月16日、亀井利克市長の資産や所得を記した報告書を公開した。2016年1年間の給与所得は前年比368万2040円増の1248万7900円。報告書は同市鴻之台の名張市役所1階市民相談室の他、市のホームページでも閲覧できる。

 給与所得は伊賀南部環境衛生組合管理者などの役員報酬を含むもの。所得額増加の大きな要因は、14年11月から実施していた、市職員による不正支出問題での給料4割削減が15年10月に終わり、支給額が戻ったため。一方で同年12月からは市の独自課税都市振興税を導入に際して、期末勤勉手当で3割削減している。雑所得はなかった。
 資産は新たに有したものはなく、同市西原町の水田135平方メートルのみ。
 市民相談室での閲覧は平日の午前8時30分から午後5時15分まで。