伊賀市議会の空森栄幸議長は5月15日、空席となっている新教育長の人事議案について23日に予定する臨時会で審議することを会派代表者会議で確認した。16日の議会運営委員会で市側から改めて議案の説明を受ける。

 空森栄幸議長が9日の前回会議で、各会派に候補者の内定に賛成か反対かの回答を依頼していた。結果は「賛成」が4会派、「反対」が1会派、「統一した結論が出ず」が2会派だった。
 空森議長は「人事案件は本来、全会一致が望ましいが、半数以上の会派から賛成の回答をもらっており、提案権は市長にある。回答に変わりないか」と確認。賛成の回答を出した会派代表者からは「無いとは言い切れない。これという賛成の材料が見つけられない。関係者からの意見を伝え聞いているので、採決の状況になって変化する可能性を含めておきたい」との発言があった。
 新教育長候補者には、岡本栄市長(65)がアナウンサーとして勤務していた関西テレビ放送の後輩で元報道記者の笹原秀夫氏(60)の起用方針を明らかにしている。