170310_5.jpg 2021年に三重県で開催される第76回国民体育大会「三重とこわか国体」に向けた伊賀市準備委員会の設立発起人会が3月10日、同市上野丸之内のハイトピア伊賀であった。来月22日に設立総会などを開く予定。【出席した岡本市長(中央)ら発起人会のメンバー=伊賀市内で】

 発起人代表には出席した行政や議会、各種団体の代表7人の中から岡本栄市長を選出。設立趣意書や会則、役員らの選任の議案3件を承認した。
 市内開催が内定している競技は5種目で、上野運動公園競技場(小田町)が会場のサッカー女子と同野球場の軟式野球・成年男子は他市との共催。県立ゆめドームうえの(ゆめが丘1)である剣道の全種別とハンドボールの少年女子、三重県上野射撃場(蓮池)のクレー射撃は単独で実施する。
 市は昨年4月に企画振興部のスポーツ振興課内に国体推進係を設け、担当職員2人を配置している。