名張市議会事務局は3月1日、開会中の定例会に一般質問で登壇する議員9人を発表した。一般質問は3、6、7日の3日間。

 日時と通告者、質問の要旨は次の通り(敬称略)。
【3日】
午前10時
吉住美智子=▼安心して子育てができる環境(子育て応援アプリの導入、子ども医療費の現物給付、産婦健康診査、新生児の聴覚検査)▼子どもの居場所づくり(「こども食堂」)▼犬猫の不妊・去勢手術費の補助(ふるさと納税の使途指定)
同11時30分
森脇和德=▼名張市立小中学校の規模・配置の適正化後期実施計画▼名張市財政政策の来し方行く末
午後2時
幸松孝太郎=施政方針から▼「元気・活気・
いきいき予算」の実現のために(「元気創造」シティプロモーションの展開による移住・定住の取り組み、「若者定住促進」若者世帯等の移住・定住促進、「生涯現役」「まちじゅう元気推進都市宣言」の取り組み)▼市民の命を守るために(第2次名張市立病院改革プラン「実施計画」、「地区防災計画」の導入方法、ドローンの活用)▼名張の森林を守るために(みえ森と緑の県民税市町交付金の活用、名張市がめざす林業の未来像)▼「教育先進都市名張」の実現のために(コミュニティ・スクールを基盤とした小中一貫教育との一体的推進の必要性、名張市民陸上競技場への集客方法と市民の健康増進、健康寿命延伸に向けた取り組み)
【6日】
午前10時
豊岡千代子=▼名張の文化遺産の保存と活用(名張藤堂家邸の活用、一の鳥居の横に立つ松の保存)▼人生100歳社会を生きるために(高齢者の雇用環境の整備、健康寿命延伸のための取り組み)▼児童虐待(名張市の現状と今後の取り組み)
同11時30分
阪本忠幸=▼救急自動車の通報状況▼高齢者社会における公共交通▼少子高齢化社会における文化行事振興▼赤目四十八滝キャンプ場の今後▼学校施設整備
午後2時
吉田正己=▼林業、森林対策▼避難所としての学校施設のあり方▼赤目四十八滝キャンプ場▼市立病院の産科▼成年後見制度
【7日】
午前10時
田北利治=▼子ども子育て支援(新入学児童生徒学用品費の入学前支給を求む、子ども医療費の窓口無料化を求む)▼太陽光発電・メガソーラー(発電設備の設置に関する指導要綱や条例の制定を求む)▼交通問題(高齢者運転免許自主返納に対する施策を求む)
同11時30分
山下登=▼公有財産の利活用、貸付、売却(売却物件の対応、議員の口利きの状況、土地建物売払収入の内容)
午後2時
足立淑絵=▼命を守る市立病院の運営と経営(地域医療、介護、消防組織などとの連携)▼あらゆる災害から身を守る防災▼市民の移動手段を守る公共交通