名張市は、全市民が元気で幸せに暮らせる町を目指す都市宣言の案を3月議会に上程する。

 宣言名は「名張市まちじゅう元気推進都市宣言」。生涯の中で健康な期間(健康寿命)を伸ばすため、市民や市内の事業所、団体などと健康づくりへ取り組む意識を共有するのが目的だという。食や運動など健康に関する宣言は県内では、伊賀や津、鈴鹿など6市が出している。
 宣言は議決後即日施行する予定。今後、市では健康施策を講じ、地域づくりや学校など各機関とも連携強化を図る。宣言は広報紙や市内の健康づくりイベントなどでPRし、周知を図る。
 市健康・子育て支援室は「健康づくりは一人ひとりが取り組んでもらう必要がある部分。宣言をきっかけに食生活や運動などを少しでも意識してもらいたい」と話した。