現在ご覧のページは 伊賀タウン情報YOU の中の 【伊賀・名張】街頭犯罪等発生マップ の中の 2016年1月アーカイブ のページです。

2016年1月22日

名張署 万引きが増加 2015年刑法犯認知件数

 名張警察署管内の2015年中の刑法犯認知件数は、382件(同93件減)と前年に比べ減少しました。

 全体的には減少する一方で、忍び込み6件(同1件増)、自動車盗6件(同2件増)、万引き70件(同16件増)の犯罪がふえました。

 管内では、振り込め詐欺などの特殊詐欺被害件数は5件で、被害額は約2762万円でした。前年と比べると2件減少し、金額も約152万円減少しましたが、県内全体では14年に比べ15年中の特殊詐欺の認知件数が増加したので注意が必要です。

>>続きを読む

伊賀署 忍び込みが増加 2015年刑法犯認知件数

 伊賀警察署管内の2015年中の法犯認知件数は、629件(前年比75件減)と前年に比べ減少しました。

 その中でも、ほとんどの罪種が減少する中で忍び込みが10件(同2件増)と増加しました。

 発生場所は柘植町、上阿波、寺田、上神戸、東高倉、平野六反田、生琉里で、いずれも市内の中心部から離れた地域で発生しています。

 約8割が無締まり箇所から侵入され、被害に遭いました。被害防止のため、就寝前には必ず戸締りを確認し、侵入警報装置や補助錠を設置するなどの防犯対策をとってください。

>>続きを読む

このページの先頭へ戻る