【展示された白バイに乗って記念撮影をする参加者ら=伊賀市服部町で】

 三重県警伊賀署は「110番の日」の1月10日、伊賀市服部町の大型スーパー入口で事件事故など緊急時の110番通報について、適切な利用を呼び掛ける街頭啓発を実施した。

 この日は、地域課と交通課の署員計10人が参加。家族連れや買い物客らにちらしや啓発物品を配り、不審者の目撃を想定した緊急通報体験イベントもあった。また、会場にはパトカーや白バイを展示、来場者が記念撮影を楽しんでいた。

 県警によると、110番センター(津市)が昨年受けた通報件数は、9万650件で、このうち約13%が不要不急の要件だった。落とし物や運転免許の更新、公共施設の連絡先を尋ねる電話などもあったという。

 同署の尾嵜昌宏地域課長は「110番通報をする時は、落ち着いて安全な場所でしてほしい。緊急の要件以外は各警察署に電話を」と協力を求めた。

 相談や問い合わせは、警察安全相談(#9110)の利用を呼び掛けている。