【手のひらのように5本の指が付いたナガイモ=伊賀市波敷野で】

 「畑に手が!?」。三重県伊賀市波敷野の稲林武久さん(80)方の畑からは、手のひらのように5本の指が付いたナガイモが掘り出された。イモを見た家族も「面白い形やなあ」と目を丸くしている。

 ナガイモは長さ50センチほどで、2021年4月下旬に植えた100本のうちの一つ。12年前から自宅の畑でダイコンやニンジンなどを栽培している稲林さんは、これまでにも時折、いびつな形の野菜を収穫していたそうで、配った近所からも驚かれている。

 畑の周りは柵で囲み、獣害対策を徹底。大切に育てたナガイモを手に「他の人に見せたら驚くかな」と笑顔を見せた。

2021年12月25日付810号3面から