【展示された絵馬を鑑賞する来場者=伊賀市で】

 新春行事として2022年の干支にちなんだ絵馬の展覧会「寅の春展」が1月4日、三重県伊賀市上野丸之内のハイトピア伊賀で始まった。会期は7日まで。入場無料。

 1950年に始まった企画展で、会場には市民から公募作品72点を始め、過去に出品された昭和と平成の絵馬なども含め計492点を展示。絵馬以外にも、市内で活動するサークルが出品した絵手紙や切手、伊勢型紙、絵画、版画の他、園児と児童が書いたトラの絵も飾られている。時間は午前10時から午後4時まで。

 問い合わせは同市教委生涯学習課(0595・22・9679)へ。