地域課長 尾嵜昌宏

 今回は110番通報の方法についてお話しします。皆さんご存じの通り、110番通報は事件や事故に遭った、目撃したなどの場合に警察へ通報する緊急通報専用の電話です。110番通報は、三重県内のどこからダイヤルしても、警察本部の110番センターにつながります。

 実際に「何を話せばいいのか分からない」と不安に思われる方もいらっしゃいます。110番センターの警察官が次のことについてお話を聞きます。「早く、早く」と慌てる方も多いのですが、警察官を「どこ」に「何人」派遣するかを判断するために質問をしますので、ゆっくり落ち着いて答えてください。

▼事件ですか、事故ですか▼けがはありますか▼場所はどこですか▼いつ発生しましたか▼犯人を見ましたか▼今どうなっていますか

 お話を聞きながら、同時に別の警察官が無線で警察署への手配やパトカーに現場へ急行するよう指示をしていますので、落ち着いて質問に答えてください。

 自動車、自転車などの運転中に110番通報をすることは危険です。安全な場所に車を止めてから通報してください。また、110番通報の中には、いたずら電話、間違い電話なども多く、1分1秒を争う緊急通報への対応に少なからず影響が出ています。間違いの場合は「間違いです」と必ず伝えてください。

2021年12月25日付810号22面から