絵画グループ「チャーチル会上野」の第119回作品展が12月2日、三重県の伊賀市上野丸之内にあるハイトピア伊賀3回で始まった。観覧無料で、会期は5日まで。

 同グループは1959年に発足し、現在の会員は伊賀・名張両市に在住または出身の60代から80代の男女14人。作品展は例年春と秋に2回開いており、今回の展示数は油彩画30点と水彩3点、パステル画1点で、会員1人につき1点から2点の新作を出品した。

 幹事長で同市上野中町の平木達郎さん(79)は「コロナ禍で外に出ていけなくても、屋内で静物画だったり、これまでのスケッチを起こしたり、皆それぞれ精力的に作品をつくっている。絵を楽しみたいという人が新しい仲間になってくれたら」と話した。

 時間は午前10時から午後5時まで。14日は同4時まで。