【イベント会場でアイシングクッキーを販売する山本さん】

 手にする人の喜んだ顏を思い浮かべながら―。地元でのイベントに「Iberis(イベリス)」の屋号で贈答用クッキー専門店を出店している、三重県伊賀市緑ケ丘本町の山本綾香さん(27)は、パステルカラー中心の優しい表情のアイシングクッキーを手作りしている。

山本さんが手作りしたアイシングクッキー

 結婚に伴って3年ほど前に愛知県から転居し、翌年に長女を妊娠。その間に何かできることはないかと考えた時、以前に趣味で作ったことがあり、色やデザインが自由で名前やメッセージも入れられるアイシングクッキー作りを本格的に始めようと思い立った。

 小さいころから人に贈り物をするのは好きだったが、飲食関係の仕事や勉強をした経験は無かった。講座を受けて作り方を覚え、出産祝いや結婚祝い、七五三などをテーマに、クッキーの上にアイシング(砂糖や卵白で作った模様)を乗せて作ってみるようになった。現在はSNSを通じて作品を販売したり、イベント会場や委託で販売したりしている。

 昨年はアイシングクッキー作りやカリグラフィー(英字などを美しく見せる手法)などの資格も取得。12月5日にはプラント伊賀店(同市ゆめが丘1)でのイベント「いがコミ!」に出店予定で、「特別なクッキーのプレゼントで笑顔になってもらえたら」と期待を込めて話した。

2021年11月20日付808号21面から