【コンサートに向け歌の練習に励む利用者ら=伊賀市上野田端町で】

 三重県伊賀市種生の「博要の丘」(旧博要小)で11月13日に開かれる「TONARIGUMI(となりぐみ)コンサート」に、「第2放課後等デイサービスささゆり」(同市上野田端町)を利用する小中学生8人とスタッフらが舞台に上がる。児童らは「大きな声で歌いたい」「ドキドキするけれど頑張る」とマスクを着用するなど感染対策に気をつけながら練習に励んでいる。

 発達などの特性により、気持ちを表現したり周囲に溶け込んだりするのが苦手な児童・生徒たちが放課後に通い、学習やレクリエーション活動に取り組んでいて、今年5月のコンサートの際も会場へ見学に来ていた。ステージで発表するのは初めてで、今年の敬老の日に高齢者とのビデオ交流を行った時に歌った「上を向いて歩こう」を披露する予定。

 施設長の刈谷智晴さんは「歌は、皆を元気づけてくれる。発表する楽しさや達成感を通じて、子どもたちの自信につながれば。皆さんも一緒に口ずさんでもらえたら」と話した。

 コンサートは午前10時から午後4時まで。6組が出演予定で、児童らの出演は午後1時半から同2時ごろ。当日はマルシェイベント「山の学校市場in博要の丘」も同時開催で、入場無料。

 問い合わせは、コンサートが花垣さん(090・4869・0311)、イベントが下猶さん(080・6919・8863)へ。

2021年11月6日付807号13面から