【掘り出したサツマイモを手にする園児たち=伊賀市市部で】

 いなこ保育園(三重県伊賀市市部)の園児たちが11月5日、近くの畑でサツマイモを収穫した。近所の住民が2年前から提供しているもので、園児たちは小さなシャベルを手に少しずつ土を掘り、芋を手にしては「いっぱい採れた」「大きいね」などと笑顔を見せていた。

 この日は年少児から年長児までの20人が、職員とともに、歩いて5分ほどの場所にある西岡英雄さん(74)の畑を訪れた。大きな芋は2、3人で協力しながら、小さいものは折れないよう丁寧に掘り出していた。収穫し園に持ち帰ったサツマイモは、給食やおやつなどで提供されるという。

 畑を提供している西岡さんは「子どもたちの喜ぶ顔が見たくて、掘りに来てもらっている。サツマイモを掘って、食べて、笑顔になってほしい」と話していた。