【大空に浮かんだ熱気球=名張市つつじが丘北3で】

 三重県名張市立つつじが丘小学校(つつじが丘北3)で11月3日、熱気球の搭乗体験などが楽しめる「こどもフェスタ」が開かれ、地元の小学生や家族連れ約1000人でにぎわった。

 イベントは今年で6回目。つつじが丘・春日丘自治協議会が、地域の子どもたちに楽しんでもらおうと企画した。この日、グラウンドに設置された気球は直径約18メートル。搭乗体験では高さ約25メートルまで上昇し、搭乗者たちは空からの景色を楽しんでいた。

ミニSLに乗車する参加者ら=同

 また、玄関前ではミニSLの乗車体験会もあった。実物と同じように石炭を燃料にして蒸気で動くもので、子どもらは約50メートルのミニ線路を一周した。

 初めて気球に搭乗した近くのつつじが丘幼稚園に通う木牧千愛ちゃん(5)は「最初は怖かったけど、上から見るのが楽しかった」と喜んでいた。