【森田恒志郎さん】

森田 恒志郎さん(20)

 三重県名張市木屋町に今年7月オープンしたコワーキングスペース「akeruto(アケルト)」で、インターンシップとして管理を担当する大学3年生。

 伊賀市出身。上野高校を卒業後、「地元を支える仕事がしたい」との思いから地域学部のある鳥取大学に入学し、地域づくりや行政、福祉などを幅広く学ぶ。イベントの企画や団体の立ち上げにも積極的で、鳥取県ユニセフ協会学生部の代表も務めていた。

 アケルトでの業務は今年9月から1か月間。受付やSNSでの情報発信などに取り組み、利用者からは「勉強や仕事に集中できる」と好評だ。今後は、利用者同士が意見交換をする交流会なども予定しているという。

 卒業後は管理人を続けながら、地域活性化のための新しい事業にもチャレンジしていくそうだ。休日はイベントの企画書を書く他、「新事業に役立つ資格を取ることに力を入れていきたい」と意気込んでいる。

【私のお気に入り】大学1年生のころに始めた大道芸の道具。イベント会場や駅前で披露し、子どもたちにも人気。

2021年9月11日付803号7面から